フィッギオ Figgjo マーケット バターケース
5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7 5aa20e68122a7d5d0f0012b7

フィッギオ Figgjo マーケット バターケース

Last 1

14,040 JPY

About shipping cost

ノルウェー フィッギオ社 マーケットシリーズ  デザイナー トゥーリ・グラムスタッド・オリヴェル 年代  1960〜70年年代 サイズ およそW12.8×D17.4×H7.5cm 「フィッギオ/Figgjo」社(当初は「フィッギオ・ファイアンス/Figgjo Fajanse」社)は、1941年にノルウェー南西部の街フィッギオで創業した陶器メーカーです。 1968年に同じノルウェーの「スタヴァンゲルフリント社」を買収し、社名を「Figgjo Fajanse-Stavangerflint」に変更。 1979年に1ブランドとして製造していた「スタヴァンゲルフリント」の販売が終了して、社名を「フィッギオ」としました。 「turi-design」と呼ばれる、トゥーリ・グラムスタッド・オリヴェルがデザインしたシリーズが人気です。 <マーケット>シリーズは、その名の通り市場で様々なものを売っている様子が描かれており、こちらのバターケースも花ととってもキュートな鳥に目が惹かれますね。 本体は、サイドの下部(魚が描かれている)に4mm程の凹みがあるのと、ひっくり返した裏側に1.3cm程の膨らみがあります(いずれも制作時のもの)。 テーブルと接触する部分に小傷があり着色が見られるのと、内側の四隅にもうっすらと油分による着色が見られます。 蓋は、内側の縁に若干汚れが見られるだけ。 全体的には引っ搔き傷が少なく、カケ、ヒビといったダメージもありません。 とても良いコンディションです。 *ヴィンテージのため、画像には写しにくい傷や汚れが多少ございます(経年によるもの)。 また、撮影環境やPC環境により、実物と若干色が異なる場合があります。 予め、ご了承下さいませ。