スティグ・リンドベリ Stig Lindberg スピサリブ コーヒーカップ&ソーサー
5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b 5ef6cbf4d3f1672b0c17d74b

スティグ・リンドベリ Stig Lindberg スピサリブ コーヒーカップ&ソーサー

Last 1

12,100 JPY

About shipping cost

スウェーデン グスタフスベリ社 スピサリブシリーズ デザイナー スティグ・リンドベリ 年代  1955〜74年 サイズ <カップ>およそ直径7.7×H5.3cm(持ち手     除く)     <ソーサー>およそ直径12.5×H2cm スティグ・リンドベリは、1955年に開催された「H55」展覧会に合わせて、「オーブンから直接テーブルへ」というコンセプトの耐火性調理器具シリーズ<テルマ>を製作しました。 <Spisa Ribb/スピサリブ>は、その<テルマ>と組み合わせるテーブルウェアとして発表されたシリーズ。 茶色いラインを入れることで、全体がブラウンカラーの<テルマ>と統一性を持たせ、一緒に使うことを狙いとしたそうです。 シンプルだからこそ飽きがこず、性別や年齢を問わず長く愛用できるデザインですね。 カップは、表側に青い色飛びが1つと持ち手近くに小さな凸起が1つ、内側に僅かに気泡跡が見られます(製作時のもの)。 引っ掻き傷は1つだけでとても綺麗です。 ソーサーは、裏側に焼成時の支柱跡が3ヶ所、釉薬のムラが3ヶ所、茶色いライン上に1mm程のペイントロスが1つ見られます(製作時のもの)。 引っ掻き傷は少なめ。 カップ、ソーサー共に、カケやヒビといったダメージはなく、とても良いコンディションです。 *ヴィンテージのため、画像には写しにくい傷や汚れが多少ございます(経年によるもの)。 また、撮影環境やPC環境により、実物と若干色が異なる場合があります。 予め、ご了承下さいませ。 詳しくはお問い合わせ願います。